copyright(c) 2006 NTEC all right reservd.
このような症状がでてたらご相談下さい

外壁下地補修工事 外壁下地補修工事
外壁下地補修工事とは?

建物の壁面にひび割れ・欠損(欠け)・爆裂(鉄錆による剥がれ)はありませんか?
このような症状を放置しておくと、室内(カーペット・クロス)への漏水や外壁(タイル・モルタル)の剥落が発生してからでは、補修するのに大変な費用がかかってしまいます。 また、鉄骨住宅で太い鉄骨を使用しているから大丈夫と思われている方がいますが、 鉄骨のジョイントやボルト部分を錆びさせてしまえば建物の強度は大変弱くなってしまいます。 また、資産価値・評価などにも影響してきます。下地補修に関しては、目に見えない部分の腐食は大きいと思って下さい。外壁下地補修工事は塗装工事だけでは補えない大切な防水の一部と考えております。

外壁下地補修工事例

既存タイルのひび割れ・欠けがみられ、剥落の恐れが見受けられます。 タイルを撤去し、左記のようにエポキシ系ボンドにて張替え、目地詰めの施工をいたしました。

塗装塗替え前の下地補修として、全体のシール打替を行います。(施工前撤去中) シール充填仕上げ中(施工中)

防水工事・住宅の塗り替え・外壁塗装・ビル改修工事・塗り替えシュミレーション画像